無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
桜尽くしの東山〜正月屋吉兆(新宿三丁目)〜
花曇の東京で、桜尽くしの京懐石をいただき、春を感じてきた。

新宿 伊勢丹本館7階。曇りでも外のあかりが差し込む席。
桜が咲いているのが見える。あれ、でもここビルの上だよな?とかにこやかに語らいながらの会食であります。

まずは膳菜。
『春若芋 一寸豆 椎茸 京人参 胡麻クリームソースがけ』
正月屋吉兆 膳菜 春若芋 一寸豆 椎茸 京人参 胡麻クリームソースがけ
 
--
春若芋とは山芋のことらしい。
でも山芋とは思えないソフトな口あたり。シャクシャクな感じがなく、なめらかな感じ。里芋にも似たやさしさを感じた。
一寸豆は空豆かな。豆自体につけられた味がちょっとしょっぱかった。。。
京人参のカッティングが宝石みたいで素敵。色も鮮やかだし、いいですね。
椎茸は柔らかく炊いてあって非常に美味しかった。
胡麻のソースが香ばしくてやさしい香りと味で非常に美味しかった。しゃぶしゃぶを彷彿とさせる・・・w

次はお椀。
『鯛 海老しんじょう椀 木の芽』
正月屋吉兆 お椀 鯛 海老しんじょう椀 木の芽
白い、鯛の身が白くてきれいですよ。でも味は普通、というか残念ながら出汁がらだったな。役目を終えていた。ぐす。
でもいいの、こういう鯛の食感、好みだから。・・・でもやっぱり残念だな。
しかし、そのお隣の海老しんじょうがすっごく美味しかった。鮮やかな黄色は卵黄の色だそうで。ふわふわで海老がぷりっとしていて非常によろしい。
出汁も鯛のおいしいところがしみ出ていて、そしてなぜかどこからかさわやかな香りがして、とても美味しかった。
そしてお椀にこっそり人参でできた桜の花びらが。

さて、次はお造里。
『三種盛り合わせ あしらい一式』
正月屋吉兆 造里 三種盛り合わせ あしらい一式
赤身、帆立、鯛。・・・そして氷上に顔を出す桜の枝。あ、大根の花びらもきれい。
帆立がなんともやわらかく美味しい。甘い。
山葵も美味しかったな。

ちなみに、中央に添えられている草は「ぼうふう」と言うのだそうだ。また、その一種で砂浜に生えていてもっと根が太いのが「はまぼうふう」で、焼酎に漬けておいてそれを飲むと、高麗人参酒のような効能があるとか。ほほう。味が気になったので食べてみると、なんだかちょっと強めの葉っぱで、山椒のようななんともいえない味わい。山椒よりももっと薬草っぽい鋭い香り。虫が寄ってこなさそうな、そんなイメージ。

次は焼物。
『筍 鴨ロース包み焼 たらの芽』
これが美味しかったのだ!
やわらかい筍の先の部分を鴨ロースで巻いたものを醤油ベースのタレをからめて焼いたもの。山椒がぱらりとかけてある。
でも気づいたら写真が無かったの。。。手が嗅覚に負けたんだなきっと。

添えられたたらの芽の揚げたもの?も美味しかったー。やさしく苦くて春の匂い。

そして焚合。
『厚揚 菠薐草 南京 赤ピーマン』
正月屋吉兆 焚合 厚揚 菠薐草 南京 赤ピーマン
厚揚げは絹ごし。うまく仕上げてあった。おいしい厚揚げ。もたれなくてさっぱりいけるのは技量だなー。
やわらかく、でもほうれん草らしさは失わず、なほうれん草も美味しかった。
かぼちゃと赤ピーマンも意外とけんかせずに美味しくいただけました。
彩りもきれいで和みますねー。

さて、ここで御飯。
『桜御飯 香物』
正月屋吉兆 御飯 桜御飯 香物
赤出汁もついてきます。具はなめこ。

そして桜御飯!桜の花びらが控えめに散る。そして錦糸玉子とかまぼこの花びらが周りをにぎやかに飾る。
胡麻と一緒に炊き込まれた鯛のせせり身。安心する味。鯛飯大好き!
正月屋吉兆 桜御飯

デザートの果物はこちら。
『フルーツのゼリー寄せ 三種のソース添え』
正月屋吉兆 果物 フルーツのゼリー寄せ 三種のソース添え

三種のソース・・・。
右からラズベリー、サバイヨ(卵のソース、カスタードみたいな感じ。)、そしてキウイ!!
うわー、最初に「アレルギーはありませんか?」って聞かれたときに、「わざわざここで言うことでもあるまい」と申告しなかったのがこんなところで!!
そう私はキウイで食道がかゆくなる人種なのです。
でも、出されたらチャレンジするのも私なので、ぜーんぶいただきました。意外と反応薄かった。ラッキー!ソースごときに負けられないですね。
ゼリーには苺、メロン、グレープフルーツ、ナタデココがちりばめられていました。
宝石箱みたいだ。
大好きなグレープフルーツがたくさん入っていてうれしかった。ジューシー!

最後にお菓子。
『桜餅 お抹茶』
正月屋吉兆 お菓子 桜餅 お抹茶
お菓子 桜餅 お抹茶

いやー、桜ラッシュの最後はやはり桜餅でしたか。
小さいところがいじらしい!ちょうどいい大きさで美味しくいただきました。
抹茶も美味しくいただきました。(でも作法知らず。)
深くてでもさわやかな緑色の水色が気持ちいいですね。お抹茶。

そして口直しの塩番茶。
正月屋吉兆 塩番茶

美味しい!
どうやって淹れるんだろう。夏とかによさそうです。汗かくし。
夏までに塩番茶の淹れ方を勉強しておこう。

器のたたずまいもなんだか素敵。松竹梅だね。

塩番茶 鳳凰
そして塩番茶のお茶碗には鳳凰がいました。


とにかく桜。ひたすら桜。私のような一般人にもわかる季節感の演出の面白さ。
あとはそれぞれがそれぞれ出されたときに丁度よい温度で提供される。
さすがは吉兆。

ご馳走様でした。

大阪の正月屋にも行ってみたいですねー。点心をいただけるそうなので。(中華じゃないよ。)
あとは何かで出世したらホンモノの吉兆にもいつかはきっと・・・

そうそう、ほうじ茶と一緒にお食事をいただいたのですが、お茶碗が鳥獣戯画でかわいかった。しかも何種類か柄があって楽しかった!

-----
●正月屋吉兆
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹本館7階
電話:03-3355-6644
営業時間:ランチ 平日11:30-15:00(L.O.14:00)/土・日・祝11:30-16:00(L.O.15:00) 
ディナー 17:00-22:00(L.O.20:00)
定休日:伊勢丹定休日に準ずる
| だいせつ | 名店・名品 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://daisetz.jugem.cc/trackback/877
2008/04/12 10:04 AM posted by: くちこみブログ集(タウン)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
「正月屋吉兆(懐石料理)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。